メニュー

お料理

お料理写真

中村料理長の創るアートフレンチは、美味しさの上にさらなるアートな感性を秘めたもの。

フランスの本場三ツ星レストランで修行を積んだ中村総料理長が創るアートな感性を取り入れた創作フレンチは、味わいはもちろん、見た目、香りにまでこだわった“五感に響く”味わい。 地元関門の新鮮な魚介類、そして鮮度の高い肉類や野菜などの素材。地産地消にこだわった、もっともおいしい 旬の食材を料理長自らセレクトし、おふたりの“想い”をひと皿に込めて届ける。 温められたお皿、火を入れる タイミング、ゲストが 求めるひと皿を、さらに心遣いの行き届いたプロフェッショナルなサービスが合わさり、 ゲストにとって「忘れられない おいしい時間」が演出されます。

head chef

料理長 中村冬樹
料理長 中村冬樹

1965年、東京生まれ。幼い頃、両親の仕事の関係で上海で暮らした経験からか洋食に触れる機会が多く、12歳の時、初めて作ったひと皿が「鶏の赤ワイン煮」だったというエピソードを持つ。
18歳にして本格的に料理の世界に飛び込み、まずは東京、フレンチの名門「ビストロ・ロテュース」で修行。26歳の時、単身フランスへ渡り、パリの二ツ 星、三ツ星など、本場で4年間経験を積む。30歳で帰国。老舗フレンチや一流ホテルでさらに腕に磨きをかけ、2004年熊本のハウスウェディングスペース「マリーグレイス」の総料理長として立ち上げから就任。その後2007年にオープンした「マリーゴールド門司港迎賓館」の料理長に就任し、 現在、マリーゴールドグループ福岡地区の統括料理長として、福岡・山口エリアを統括。